不動産投資をはじめるまえに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ
 不動産投資の種類
 メリットとリスク
 成功POINT
 諸費用について
 不動産投資の心得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 不動産投資で成功させるためには?


  投資計画を立てることと、他人任せにしないこと

不動産投資(特に現物)は比較的長期間に渡って行うものであり、一度実行すれば安易に変更できないという決定的な弱点があります。 その弱点を補うためには投資計画が重要になります。
うまくいかないから売却すれば何とかなるという考え方は、不動産はもともと流動性が低い上に、事業運営がうまくいってないのであれば、ますます売れにくくなり、買い叩かれるという結果を生みます。第三者や専門家の意見を踏まえて、あくまで客観的に数字で判断し、採算性を適切に判断することが大切です。また、何事も他人任せでは成功するものも失敗してしまいます。になります。まして不動産投資は投資家がオーナーとなって不動産をいわば経営するようなものです。不動産物件の管理では、「他人任せ」と「委託」があります。それぞれ全く違う意味です。

他人任せとは:
不動産物件の管理は一般的には管理会社に任せますが、自分の目で管理会社の管理状況を確認せず、現状の不動産の管理状態が把握できないこと

委託とは:
自分の目でその管理会社の管理状況を確認し、行き届いていない部分があれば、管理会社に忠告すること家賃が下落し続けたり、空室率が上昇し続け、初めて管理状態を見たときに「これでは、空室率は上昇するはずだ」といった笑えない話も実際にあります。まさしく”自己責任”が問われるのです。

  情報収集はしっかりと!


不動産市況は景気等の諸環境の影響を直接受けます。
その用途に必要とされる設備がな場合、家賃の下落や、最悪の場合、他の競合物件に入居者が奪われる事態が発生し、空室率の上昇に繋がります。
これは、収益の低下を意味します。これを防ぐためには情報収集が必要となりますが、どのような収集方法があるのでしょう?まず、不動産管理会社によっては、情報を豊富にもっているところもあります。新聞、また最近はインターネット上で情報を収集する場合、さまざまなサイトが存在しますので、その情報の信憑性を確認しましょう。
自分の足で物件周辺の状況をチェックするのもいいでしょう。物件周辺の状況を実際に自分の目で確かめることは、街並みや環境といったいろいろな情報も自然と入ってきます。具体的に動き出している計画の有無や競合物件が建築されそうな空き地の有無の確認もできます。ただ、10年先や20年先の競合状況まで調べることは不可能に近く、先になればなるほど、経済状況などの影響によりブレが生じます。オーナー(投資家)は受身にならず、あちらこちらに情報のアンテナを張り巡らしておくことが重要です。


 

  成功マニュアルはないということ


人はそこに成功体験があればマネをしたくなるもので、マニュアルがあればそれに頼りたがるものです。
現在「こういうやり方で私は成功しました」という話は、不動産投資にかかわらずさまざまな方面で出回ったほんの一例の話に過ぎないということです。成功マニュアルというものは、一人ひとり独自の物を作り上げていくものなのです。成功への一歩を踏み間違えないよう気をつけていきましょう。

 

pickup

東京 不用品回収

Last update:2017/9/28

Copyright c 2008, 不動産投資を始める. All rights reserved.